人気ブログランキング |

昨日読んだ本


中村菊子著「ピアノのための4期の本」(全音)を読み終わる。

この方は「バーナムピアノテクニック」の翻訳でお馴染み、
アメリカのピアノメソッドを何種類も翻訳している先生です。

バロック期、古典期、ロマン期、近・現代の4期にわたる
時代の演奏スタイルを学ぶ実用的手引き書なのですが、
自分の習って来た事の確認と、どうしたらもっと生徒達に
4期のピアノ作品について良く伝える事ができるのか、
という事を考えながらあっという間に読んでしまいました。

ピアノの演奏表現は楽譜を読んで、ただ弾く事だけでなく、
各時代の演奏スタイル、楽器の進化、作曲家とその時代的背景を
知ることによって、より良い表現することができるんですよね。

小さいうちから色々な時代、色々な作曲家の作品を
弾く事を目標にしていますが、初期のレッスンではそこに
到達するまでが大変だったりして...。

バッハのメヌエットからモーツァルトや、ベートヴェンの小品、
シューマンのユーゲントアルバム、カバレフスキーの子供の為の曲などは
バイエル中程程度から取り入れることができると思うのですが、
各出版社のテキストと発表会の曲で手一杯な今日この頃。

発表会が終わって落ち着いた夏休み頃に簡単な4期のお話しと
4期の代表的な曲を聴き比べる会が出来たらいいな。




f0130693_1030746.jpg

by endopiano | 2008-04-14 10:30 | Comments(0)

東京都清瀬市のピアノ教室です。皆で音楽を楽しみましょう♪☆ステージ・発表会写真などの撮影業務はこちらです→http://www.endopiano.com/ オンフォトブログ http://ongakups.exblog.jp


by endopiano
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る