人気ブログランキング |

カテゴリ:旅 海外( 76 )

2009 ラスベガスからカリフォルニアへ 2


同じカリフォルニアでもまるでアルプスに来たかのような
牧草地です。
緑の丘がうねっていて、牛や馬がのーんびり。
どんどん先へ行くとレモンやオレンジや、桜(多分アメリカンチェリー?)の
果樹園が果てしない広さで広がっています。
収穫を考えるとそれだけであきらめてしまいそうな、
はじめの一歩を踏み出すのに勇気が要りそうな、あまりにも
広すぎる果樹園。

ここから世界の台所へフルーツが出荷されるのだと思うと
感動しちゃいました。
この辺は高速ではなく、国道です。
ナビがなかったらとても心細くて(道合っているのか?と不安で)
走れません!

ラスベガスを出発して5時間ほどの風景でした。

*この辺りの写真で気がつきました。
 右側に浮かぶ黒い点はどうもデジカメ内部のゴミらしいです。。。(涙)
f0130693_1555513.jpg
f0130693_156638.jpg
f0130693_1551499.jpg

by endopiano | 2009-03-11 01:55 | 旅 海外 | Comments(2)

2009 ラスベガスからカリフォルニアへ 1



久しく更新していませんでしたがラスベガス日記の続きです。

お店の撮影が一段落して、そろそろ旅らしい事をしたくなって、
車を借りカリフォルニアへ!

今回の相棒は日産ムラーノです。

目指す行き先はモントレー。 

ジャスフェスティバルでも有名ですが、周辺の太平洋沿いには
美しい海岸線に沿った美しい町並みや自然の景色を見る事ができます。

ポイントロボス州立保護区ではラッコやアザラジやアシカが見られるし、
(サンフランシスコから南は海藻の宝庫なので季節になると沢山の
海洋動物が繁殖の為に訪れるようです)
多くの写真家が訪れた地域でもあるので、どうしても行ってみたかった場所。

アメリカの小説家J.スタインベックゆかりの地でもあるサリーナスも近いし。
モントレーにもゆかりの場所があるらしいし。

2泊3日でどこまで行けるでしょうか。

写真は道中のカリフォルニアの風景です。

写真1 出発!このあたりはまた荒涼とした風景です。
写真2 車内から。風力発電が度迫力!山に雪もかぶってます。
写真3 だんだん緑が多くなってきました。



f0130693_23445843.jpg
f0130693_23452198.jpg
f0130693_23453565.jpg

by endopiano | 2009-03-09 23:46 | 旅 海外 | Comments(0)

こんな寂しい所にあります。

やっと調子が戻って来ました。

しかし、ずっと具合が悪かったので、
期待しながら 体重計に乗ったら史上最高に太ってました ><;
これを機に一週間に一度は体重計に乗ろうと思います。。。

さて。
今まで食べ物の写真を見るのもつらくて、
カリフォルニアの写真も具合の悪いときの事を思い出してしまうから
なんとなく放置していましたが、ぼちぼちUPしていきたいと
思います

まずはうちの義弟のお店のレストラン。
ラスベガスの目抜き通り(ストリップ)から
車で5〜10分くらいの中華街にありますが、
ここのモールはけっこうお店がつぶれていて、あるのは
タバコ屋と妖し気なマッサージ屋と...。

しかもモールの奥なので道路からはまったく見えません。

よくここで皆さん来てくれるなぁ〜という立地なのです。


*モールの入り口。
*バイクが止まっている所がお店。閉店時なので暗いですね。
*中はこんな感じ。仕事中の兄弟。
f0130693_1755756.jpg
f0130693_1761155.jpg
f0130693_1733492.jpg

by endopiano | 2009-02-28 17:06 | 旅 海外 | Comments(2)

ラスベガス初日


今回は夫と義弟の仕事で行ったのであまり旅行記には
なりませんが、なんたって美味しいお料理を撮っては試食という
幸せな日々だったので少しずつ記していこうと思います。

出発したのは2月13日。
13日の金曜日出発という事で大の飛行機嫌いの私は
おびえていましたが無事ラスベガスに到着いたしました 。

今回もノースウエストです。座席が後ろの方でがっかりしていたのですが
席を見てみると窓側3列の2列仕様!
荷物も横に置けるし極楽でした♪

今回も揺れたけれど、そんなにドキドキしないですみました。
追い風の影響でロスアンゼルスに早く着き、定刻ラスベガスへ!

義弟夫婦、甥っ子が迎えにきてくれて昼食はCarl’s Jr.で。
ハンバーガーが美味しい♡

義弟宅で一休みして夕食は義弟のやっているレストランRAKUです。
一年前とは別世界。
オープン前の空間しか見ていなかったのですっかり素敵な店内に様変わりした
様子にびっくりしてしまった。
ほとんど自分たちの手で内装を終えたというのだからすごいものです。

わくわくしながらオーダーします。
今回楽しみにしていたのは「フォアグラうどん」。

冷たい細めの透き通ったうどん。
フォアグラのジュレ、出汁。そして鴨肉。
うどんを茶碗蒸しのようなフォアグラ出汁につけていただきます。

これが初めての味。カップリング!!
口の中でクリーミーさと和風味が混ざり合い、美味しいのです!!
その他オーダーしたもの全部美味しかった。

これから撮影の日々が始まります。
f0130693_23513067.jpg
f0130693_23514537.jpg
f0130693_2352933.jpg

by endopiano | 2009-02-26 23:53 | 旅 海外 | Comments(0)

シアトルからの一枚


シアトルに住んでいる友人からの一枚。

家の裏手を下がって行くとこのような風景が
あるのだそうな。
白い雪の中のベンチ、ブルーグレーのアルカイ・ビーチ。
なんとも羨ましい素敵な風景です。

シアトルも義弟家族の住んでいるラスベガスも先々週から
寒波が来ていて、積雪の写真を送ってくれました。
ラスベガスで積雪?!と思ったら30年ぶりの
寒波らしいですね。

東京はやっと寒くなったけれど、まだまだ暖かく感じていて、
全然クリスマスって雰囲気ではないなぁ。

それでも明日はクリスマスイブですね♪
皆さんはどんなクリスマスを過ごしますか?



f0130693_23381830.jpg

by endopiano | 2008-12-23 23:37 | 旅 海外 | Comments(0)

ラスベガス最終日


長かったラスベガス滞在も今日で終わり。

朝起きてシャワーを浴び、支度をしていると

義母達の早起きして、荷造りもう終わった!
朝ご飯食べてない、ひまよ〜〜!!光線を浴びてしまいました。

義弟夫婦+甥っ子はまだお目覚めしたばかり。

じゃぁ最後の最後にちゃちゃっと行ける
RED ROCK CANYON(レッドロックキャニオン)に行こうかという
事になり、出発です。

義弟夫婦は色々やる事があるのでお昼にどこかで合流することにする。

レッドロックキャニオンはあまり知られていないようですが
(ドライレイクもそうだけど)ラスベガス繁華街から20〜30分ほどで
着いてしまうほどの場所です。
わざわざツアーで行く事はないけれど、グランドキャニオンやデスバレーなどの
国立公園に行く予定のないラスベガス旅行者には是非行ってもらいたいな。
ここの良い所はScenic Loop だけでなく、ビューポイントから
岩の上を歩いたり、トレッキングしたり、上ったりできること。
サンドウィッチを買って行って、ここでランチするのも
楽しそう〜〜。

行ってソンはありません!
グランドキャニオンに前日行ってた義母も
「ここは直接岩に触れられたりするからいいね」と大喜び。
かなり高い所まで上ったりしてお転婆さんでした(笑)。

さて二時間ほどレッドロックキャニオンを楽しんだ後は
義弟達と落ちあい、夕方は「サーカスサーカス」と
「ストトスフィアー(成層圏)ホテル」に行きました。
お目当てはストトスフィアーの展望台です。
ラスベガスで最も高い場所からラスベガスの街並が一望できます。
夜だったのでまるで宝石箱のようにキラキラと街全体が
輝いていました。

そして、ここには遊園地があるんです。
地上から270メートル上の絶叫マシーン3つが!!
タワーの展望台の上には70メートルの塔が建っていて、そこには打ち上げ式のフリーフォールみたいなものと、デッキの外周からはみ出している
シーソーみたいな乗り物、"X Scream" 。
同じ外周の外で垂直にまわる"Big Shot" 。

もう、見ただけで腰が引けます。
10万もらったって乗れません!!!
もし、ネジが外れたら・・・とか考えちゃったら
もうダメです。

見ているだけで怖かった〜〜〜(涙)。






f0130693_22492331.jpgf0130693_22494199.jpg
f0130693_22495922.jpg

by endopiano | 2008-03-10 22:50 | 旅 海外 | Comments(0)

ラスベガスに着いてハンバーガー@Red Robin


さて、キャリコのゴーストタウン村を出て
「こっちの方がゴーストダウンだよねー」などと
言いながら下道を走っていたら、いきなり

「ROAD CLOSED」

の看板です。

あらら・・・仕方ないので大人しくI-15に乗る。
お昼時も過ぎていたのでどこかでお昼を食べようと
Baker(ベーカー)で下りて、何かないかなーと探していると
「Jack in the Box」とスタバがあったのでハンバーガーだけ
テイクアウトして車の中で食べてからゆっくりスタバで
コーヒーを飲みましょう、ということに。
ガラガラの店内でゆっくりコーヒーを飲んで休憩して、
ラスベガスへしゅっぱ〜つ!

もう寄り道しないもんね!

日が暮れる頃にはラスベガス着かなくちゃとひたすら
走ります。
途中、かっこいい車に乗ったオジサマを発見!

どこの車かしら。ポルシェかな?MGかな??
何か読みながら運転しています。

ずっと一緒に走りたかったけれど、急いでいる身なので
追い越し車線なのであっという間にお別れしちゃいました。

あとは行けども行けども一本道の高速を
走るだけ。
モハベ砂漠を越え、ドライレイクを越え、
四時半頃にラスベガスに無事到着。

久々の都会です。っていうか。大都会!?に
見える・・・。ラスベガス。
車がー!ビルがー!空港あるし!なんて3日くらいしか
離れていなかったのにやけに新鮮♡

少し町をドライブして、義弟宅に到着です。

家には義妹と甥っ子しかいなくて

「お義母さんはどこへ行ったの?」と聞くと

義弟とお義母さんたちは再度グランドキャニオンへ行ったそうです。
今日はあちらもよいお天気で前回はサウスリムでしたが
今回はスカイ・ウォークに行ったんですって。

話しをしているうちに「もうすぐラスベガスに着く」と
義弟から電話が来たので夜ごはんは近くにある
レストランチェーン店「 Red Robin 」(レッド・ロビン)で
待ち合わせ。

店内に入るとアメリカンムードいっぱいのインテリアで
ものすごく混んでます。
子供もいっぱい!
ファミレスのような感じです。

私はクラムチャウダーとサラダのセットを頼みましたが、
義弟達のおすすめの「 Banzai Burger 」(バンザイ・バーガー)も
味見させてもらうと

おいしーーーーい!!
照り焼きソース味のハンバーグ、グリルしたパイナップル、
チェダーチーズ、そしてトマト、レタス、マヨネーズが入っていて
なんとも言えない美味しさです!

ハンバーガーといっても立派な料理!
お値段も10ドルくらいなのでまぁ、美味しくなきゃ
怒っちゃうのですが、本当に美味しかった。

日本にもできないかなー、レッドロビン。
昔、出店する予定があったみたいですが・・・。
(出店したけれどすぐ撤退したんだっけ?)

今、日本に来たらグルメバーガーブームだし
流行ると思うのですが、いかがでしょうか?


f0130693_13572456.jpg
f0130693_13574160.jpg
f0130693_13575450.jpg
by endopiano | 2008-03-08 13:58 | 旅 海外 | Comments(0)

CALICO@ゴーストタウン


地図にも「ゴーストタウン」と表示されている
CALICO(キャリコ)。

I-15を下りて、どんなゴーストタウンなのかワクワクしながら
行ってみると山肌に「CALICO」の大きな文字が!

大文字焼きみたいです。

看板が見えてきて。
左折して。着いた。
そこは・・・



なんと・・・・


日光江戸村でした!!


銀山として栄え、そして廃墟となったキャリコ。
本物のゴーストタウンには違いないのですが、
ここはちゃんと管理、保護されているのです。

車一台につき6ドルの入場料を払い、エントランスを越えると
西部の町アトラクション、といった感じのメインストリートがあり、
両側にお土産屋さん、ちょっとした飲食店(ホットドッグとか
キャンディーが食べられる)が並んでいます。

最初は「見てもしょうがない。さーっと見て帰ろ。」と
思ってたのだけど、一軒一軒見てみると
割と面白い。

ゴーストタウンには良くあるボトルハウスもきれいで、
なんたって青い空、眩しい日差しがバックなので
なんでも良く見える。
なんだかんだいって1時間以上は楽しんでしまいました。

おどろおどろしいゴーストタウンを想像して行くと
期待ハズレになってしまいますが
(CALICOを出た道をドライブする方がリアルな
ゴーストタウンって感じです)

のどかな雰囲気を求めていくなら良いかも?







f0130693_23424936.jpg
f0130693_2343749.jpg
f0130693_2343207.jpg
by endopiano | 2008-03-07 23:48 | 旅 海外 | Comments(0)

AppleVallyへ



アンボイから自然塩田を抜けてジョシュアツリー国立公園
を横目にユッカバレー方面に向かいます。

この辺は今まで通ってきた中でも本当に何もない所です。
ぽつん、ぽつんとトレーラハウスや家があるのですが、
「皆何をして暮らしているのかなぁ?」と
思わずにいられないほど過疎地です。

本当にカリフォルニアなの?と疑ってしまうような風景です。

しばらくしてトゥエンティナイン・パームスという町に出て
少し小腹が空いたのでマクドナルドに入り、ガソリンを入れてと。

この町には基地があるみたいでアーミーらしき人が沢山歩いていました。
スモールタウンで少し歩きたい衝動にかられましたが
遠いし、日も落ちそうなのでここは先を急ぐ事に。
(残念だ〜)

ユッカバレーを過ぎ(ここは町でした。ターゲットもボンズウォルマートも
あります!)右折。247号、18号を経てアップルバレーに向かいます。

向かいますって言った時点でもう夜の帳が下りて来ていて。
しかも山道。
アップダウンが激しいロードサーフィンです。

しばらく行くとジョシュアツリーが生えている良い風景を
夫が見つけて写真を撮るため横道に車を止める。

あれー、もう真っ暗なんですけどー写真撮れるの?

「3脚あるから大丈夫。」と3脚を抱えてツリーの生えている荒野に
入って行く夫を車の中から見送る私。

だって、絶対こういう所ってヘビ穴だらけですもん。
前にザワロ国立公園で一緒にいた時、ガラガラヘビと
遭遇したのでコリてます。
サソリもいるかもしれないし(この季節は出ないか?)。

こうして待っている間にもシェパードを載せたジープに乗った
お兄さんが私たちを見つけて「大丈夫?」と声をかけてくれます。

こちらの人は本当に親切だな〜☆

「大丈夫です。写真撮ってるだけだから」とお兄さんに答えて
しばらくしてから夫が無事ご帰還。
今度は本格的に真っ暗になてしまったのでひたすらひたすらドライブです。

アップルバレーに近づくと、夜景がキラキラ光っていてきれいに
見えます。高速道路もある町だし、都会です!!
9時過ぎにやっと町に到着、ナビでモーテルを探し、
「ハワードジョンソン」にチェックイン。

モーテルはI-15沿いにあり、町から少し離れていたので中心地の
PIZZA HUTで食事してから(ここが強烈だったー。)就寝。
寝る前に見たTVニュースでは「フラッグススタッフの大雪」が
報じられていました。
やっぱりあちら方面に行かなく良かったようです。

翌日モーテルでチェックアウトして、ラスベガスに帰る前に町を車で
散策。
昨日メキシカンレストランが多いなと思っていたけれど、朝になってびっくり。
ほとんどネイティブアメリカン?メキシカン?のような人ばかりで
ほとんど白人が歩いていません。
町もなんとなーくメキシコっぽい。
メインストリートを行くと、なんと

Old Town Route66 の文字が!!
 
ここにも66があったんだ〜!!とI-15に乗るのをやめて
ルート66を通ってキャリコというゴーストタウン経由で
ラスベガスへ帰ることにしました。

このキャリコという町、地図にも「ゴーストタウン」と
載っていたので期待をしていったのですが、

や・ら・れ・た〜〜。。。。










f0130693_10153590.jpg
f0130693_10165887.jpg
f0130693_10175017.jpg
by endopiano | 2008-03-07 10:22 | 旅 海外 | Comments(0)

ルート66の風景


I-40から「66」のサインを見ると下りて下道を行く。

ずっと66を通って行けるのかと思いきや、
石に通せんぼされたり、する(笑)。

するとまた高速に乗って下りて、の繰り返し。

ニードルスからはずっと下道で行けました。
途中、車を路肩に止めて夫が写真を撮っていると
時たま通る車が皆止まって

「大丈夫?問題はない?」と聞いてくれる。

親切です。
まぁ普通何にもない所で止まっていたら
非常事態だと思う・・・よね。

AMBOY(アンボイ)というゴーストタウンを目的に
走って来たのですが、本当に何もない町(というのか?)でした。

クレーターがあるのだけど、全然商売気なし。
お店もありません。
そこにクレーターが見えているから行きたいのだけど、
道ないし・・・(・Θ・;)
四駆でないと駄目みたいなのであきらめて、
ひび割れたドライレイクがあったので少し写真を撮ってから
今度は62号を目指して走ります。

まっすぐ66号を行けばバクダッド、バーストゥなのですが
この辺はこの前のデスバレーの帰りに少し通った道なので
地図で惹かれたAppleVally(アップルバレー)に向かって
行く事にしたのです。

もうすぐ日が暮れる。
泊まる所も確保しなくちゃ。


f0130693_21451620.jpg
f0130693_21452832.jpg
f0130693_21454152.jpg
by endopiano | 2008-03-04 21:42 | 旅 海外 | Comments(0)

東京都清瀬市のピアノ教室です。皆で音楽を楽しみましょう♪☆ステージ・発表会写真などの撮影業務はこちらです→http://www.endopiano.com/ オンフォトブログ http://ongakups.exblog.jp


by endopiano
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る