<   2007年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

旅の思い出  NY→ニューイングランドへの旅2005 19


NYに無事到着!


一週間ぶりのセントラルパーク。

行く前は紅葉していなかったクィーンズの町並みも
まっ黄色!f0130693_17312482.jpg
f0130693_17313729.jpg

[PR]
by endopiano | 2007-10-31 17:32 | 旅 海外 | Comments(0)

旅の思い出  NY→ニューイングランドへの旅2005 18


ニューイングランドの旅で毎日食べていた物と言えば、
「クラムチャウダー」。

本当に本当に美味しいんです!
お店一軒一軒味がちがうので全然飽きませんでした。
これとロブスターロールの昼食が多かったかな。

写真はボストンのクィンシーマーケット内のお店のもの。
クラムチャウダーとロブスター・ビスクです。
全米で2位のお店らしく、2品とも美味しかったです〜〜。

ボストンを後にしていよいよNYに戻ります。
f0130693_17281879.jpg

[PR]
by endopiano | 2007-10-31 17:28 | 旅 海外 | Comments(0)

おひるね


とあるところの猫くん。

気持ち良さそうにお昼寝中です。

私もお昼寝したい!

気怠い午後ですなぁ。

今にも雨が降りそうな@清瀬。
f0130693_16111281.jpg

[PR]
by endopiano | 2007-10-30 16:11 | Comments(0)

旅の思い出  NY→ニューイングランドへの旅2005 17


*ハロウィーンのクッキー。
日本のクッキーにはない、ダイナミックなアイシング・・・。
ドラキュラがかわいい!


*ハロウィーンではお家全体がお化け屋敷に変貌する・・・。
コネチカット州にて。


*ボストン、ビーコンヒルで見かけカボチャ。
 すっごく義弟に似ているんです(笑)。



f0130693_9463641.jpg
f0130693_9481376.jpg
f0130693_9483128.jpg
[PR]
by endopiano | 2007-10-30 09:48 | 旅 海外 | Comments(0)

旅の思い出  NY→ニューイングランドへの旅2005 16


クッシングからボストンに向かう途中一泊した町で。

泊まったモーテルは今までで一番安い30ドル台。
インド人の経営するとてもアットホームで気持ちの良い
モーテルでした。

夕飯を食べる前に町を車でドライブ。

そこで出会ったのは

メイン州ブルンスウィックの魔女たち。

f0130693_956552.jpg

[PR]
by endopiano | 2007-10-26 09:57 | 旅 海外 | Comments(0)

旅の思い出  NY→ニューイングランドへの旅2005 15


メイン州クッシングにて。

やっとA.ワイエスの絵に描かれている土地を見る事ができました。
ただ困ったことに、田舎町なのですが、別荘地ということもあって
むやみに車が止められない。。。

止めていると皆注目するのよね。

「こいつ、怪しい!」みたいに。
スティーブン・キングの映画に出てくる人たちみたいに
遠巻きに見られているんです!

そういえば道を聞いた雑貨屋のおじいさんに
真っ青なブルーの瞳でじーーーっと見つめられて

「君たち何人?日本人?へぇー!ここ何年も東洋人を見てないよ!」と
言われたから珍しかったんだろうなぁ。

で、止めても不自然じゃない所を言えば、ガソリンスタンド。
GSももちろん、ニューイングランドスタイルです。

網に入っているのはロブスターです。

こんなにロブスターが取れるの?!と思うくらいの量でした。

f0130693_10455762.jpg
f0130693_10461197.jpg

[PR]
by endopiano | 2007-10-25 10:46 | 旅 海外 | Comments(0)

旅の思い出  NY→ニューイングランドへの旅2005 14



今日も良い天気!

真っ青な空に灯台が輝いています。
f0130693_10265383.jpg

[PR]
by endopiano | 2007-10-25 10:27 | 旅 海外 | Comments(0)

旅の思い出  NY→ニューイングランドへの旅2005 13


CAPE COD(ケープコッド)はマサチューセッツ州の大西洋に
突き出た釣り針のような形をしている半島です。

ニューイングランドスタイルと言われる家屋や
美しい海で有名なリゾート地。

かわいらしい町がいくつもありますが、半島の最先端には
芸術の街プロビンスタウンがあります。
この町はゲイの人たちも多く、虹色の旗が至る所に
風に揺られていました。
シーズンオフなので町の中心のコマーシャルストリートでさえ
人も少なかったのですが、8割り方男性カップルだったかな。

泊まったB&Bのオーナーも芸術家であり、ゲイ。。。
かっこいい彼氏がいました。
宿のサンルーム兼ロビー兼朝食ルームも
芸術家っぽいセンスが良く素敵☆

食事はもちろんロブスター!
「ロブスターポット」は雰囲気満点のレストランでした。

ケープコッドもぐるっと回ったので次はメイン州に向かって北上します!




f0130693_944982.jpg
f0130693_9443050.jpg

[PR]
by endopiano | 2007-10-24 09:46 | 旅 海外 | Comments(0)

旅の思い出  NY→ニューイングランドへの旅2005 12



CAPE COD(ケープコッド)の海

f0130693_13553585.jpg
f0130693_13555137.jpg
f0130693_1356441.jpg
[PR]
by endopiano | 2007-10-23 13:56 | 旅 海外 | Comments(0)

母帰国


昨日友人と二人でNY旅行に出かけていた母が
無事帰ってきました。

ひょんな偶然で私の友人もNYに行っていて、3日ほど
エスコートしてくれていたので、とても助かった&楽しかったそうです。

友人は男性なので、夜の食事やJAZZクラブや夜景を見に行ったり
年配の女性二人旅ではなかなか勇気が出ない所へも
安心して出かけられたそう。
しかも母たちは途中でホテルチェンジをしたのですが
その際の送り迎え、チェクアウトからチェックインまで
してくれたようで。。。

Aさん、ありがとう!!本当にお世話になりました。

さて、Aさんも驚くパワフルな母たち二人組は
NYに着いた初日からエンパイアステートには上るわ、
バスに乗るわ、地下鉄に乗るわ、歩くはでNYの街中を
回り尽くしたよう。

日帰りでNY郊外の豪邸ツアーや、
ペンシルヴァニアのアーミッシュ村へのツアー、
ハドソン川の夜景を楽しむバトーツアーに参加したり、
ミュージカルを楽しみ美術館を周り、アムトラック(電車)で
ボストンへ行き、2泊してからNY経由の飛行機で帰国という
ハードスケジュールでしたが、事前にツアーなどの
予約はして行ったとはいえ、60代の女性二人で個人旅行とは
よくやったと思います。

ゆっくり休んでと声をかけたら
「明日から会社よ」と涼しい顔の母。

貴女って何者。。。。?


*お土産いっぱい♪
 メトロポリタンのバッグ(透明の持ち手がなんともきれい)
ケープコッドポテトチップス
アーミッシュ村のローストしたヒマワリの種。(美味らしい)
JAZZクラブ「バードランド」で購入したCD。
(エンジニアが有名な人らしく夫喜ぶ。)



f0130693_113467.jpg

[PR]
by endopiano | 2007-10-23 11:03 | 日々徒然 | Comments(0)

東京都清瀬市のピアノ教室です。皆で音楽を楽しみましょう♪☆ステージ・発表会写真などの撮影業務はこちらです→http://www.endopiano.com/ おんふぉとブログ http://ongakups.exblog.jp


by endopiano
プロフィールを見る
画像一覧