人気ブログランキング |

<   2008年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

曲決め中☆


6月の発表会に向けて曲決めの真っ最中です。

今年は出張先のお教室も6月なので
2週続けて発表会という強行スケジュール(汗)!

発表会の曲決めはお教室によって3〜6ヶ月前に
取りかかる所があると思いますが、曲の難易度によっては
早く決める事はあるものの、うちの場合は大体3ヶ月前に
始める事が多いです。

間に合うかヒヤヒヤすることもありますが、
「ダレ」てしまう方が心配なのでなるべく発表会に
ピークを持って行きたいということで、3ヶ月を目安にしています。

毎回生徒さんの個性に合った曲を選ぶのは
楽しい作業です。

ただ、生徒さんが好きそうな曲を選ぶのはもちろんですが
やはり発表会ですから、パリエーションにとんだ選曲を
したい。
ロマン派の可愛らしい長調の曲が小学生には
人気ですが、短調の曲の美しさ、バロックや古典
(難しくて地味に聞こえるかもしれませんが)の素晴らしさ、
現代曲のダイナミックな魅力も経験して欲しいので
その時の生徒さんに挑戦してもらいたい曲を選んでいます。


さて、昨日は出張先のレッスンで大学生の生徒さんの曲を
決めてきました。

教職課程の生徒さんなのでバイエル前半を勉強中のAさん。
大人ですから譜読みはやる気になれば、すぐ読めます。
問題は指の動き。。。
なかなか練習する時間も取れないという事で

*大人が弾いて、様になる
*間違えても皆に気づかれない(そんなにメジャーでない)
*聴き映えのする、素敵な曲

というリクエストに応え、
湯山昭の「子どもの世界」から「Why?」という曲と
リヒナーの「夜曲」の2曲を提案。
Aさん、「どちらも素敵だなぁ〜」と迷いながらも
湯山昭の「Why?」に決めました。

不協和音があって、JAZZな感じもする曲、頑張って欲しいと
思います。









f0130693_9463498.jpg

by endopiano | 2008-02-29 09:47 | ピアノレッスン | Comments(2)

少しあたたかでした


すこ〜しだけ暖かかった今日(昨日になってしまったけれど)は
新しい生徒さんのレッスンがありました。

年中さんですが、とてもしっかりした女の子です。
一回目のレッスンでしたが、お母さんがいると恥ずかしいとの事で、
お母様は妹ちゃんと一緒に廊下で待っていただき、
一人でのレッスン開始です!

教材は「みんなのおけいこ」。
久しぶりに使いましたが、やはり良いテキストですね♪
これで昭和チックなイラストがもう少し可愛く
なったら言う事ないのですが・・・。(ゼイタクな注文です)

幼稚園でピアニカを弾いているのですぐ
ピアノにも馴染む事が出来て、リズムも歌も
大きな声で歌えて楽しいレッスンができました♪

そうそう、彼女(ともう一人の生徒さん)の通っている幼稚園は
うちの夫、夫の兄弟、甥、姪も卒業生なのです。
夫が通っていた頃の園長先生が現在も園長先生をされています。

何十年も年が違うのに、なんだか不思議な感じがしちゃいます。
by endopiano | 2008-02-27 00:35 | ピアノレッスン | Comments(0)

吹雪のグランドキャニオン


ラスベガスでは朝から小雨がぱらついていましたが
この日はグランドキャニオンへ行く予定でありました。

私たち夫婦はグランドキャニオンから2泊の別行動を
取る予定だったので、2台での出発です。

途中のキングマン(Kingman)という町で朝食を取り、
I-40でウィリアムズ(Williams)まで向かう途中、
雪が積もっているのを目撃。。。

・・・なんだかいやーな予感が!!

運転しているのは私だったので「雪降らないでよ〜(涙)」と
祈りながら運転していましたが、だんだん雪が降って来て
ウィリアムズに着く頃は吹雪になっていました(涙)
ウィリアムズで下り、GSに寄ってお店の人に聞くと

「グランドキャニオンでもこんな感じだよ」

とのこと。

「ノーマルタイヤだし、何かあっちゃ怖いし、第一何にも
見えないよ〜。決行するの?」と
あまり雪道に慣れない私たちを尻目に

「大丈夫だよ〜、せっかく来たんだし。」と余裕の義弟。

これからどうなっちゃうの〜とドキドキしながら
US180号へ入り、サウスエントランスへと向かいました。

道中の雪景色はきれいでした。
雪のグランドキャニオンなんてあまり行く機会が
ないんだし、これはこれで良かったね〜なんて
言ってたのだけど、エントランスを入り、ビジターセンターに
着いた頃は猛吹雪?ブリザード?という感じで、

マーサポイントに行っても、なーーんにも見えませんでした(笑)

でも、スキー場に行った事がない私なのでさらさらの雪が
積もっている中を歩くのが初めてで、とっても感動しました。
写真には写らないけれど、雪の中の木々や景色の佇まいが
とてもきれいで・・・。

少し回ってからロッジのレストランで遅い朝食を食べて
解散です。
雄大な景色は見られませんでしたがこんな天気、なかなか
体験出来ないですものね!
今回初めての夫はかわいそうでしたがグランドキャニオンは
逃げないから又の機会を楽しみにしてもらいましょう。

さてこの後私たちは別行動。
義弟達はラスベガスに帰ります。

私たち夫婦はというと・・・困ったー!
フラッグススタッフ方面へ行こうと思っていたのですが・・・・。


このお話しは次回に続きます!






*ウィリアムズのGSにて。吹雪いてます!!

*義弟夫婦、根性入ってます!赤ちゃんは義弟の懐の中。

*出発してからアリゾナ州に入るまではこんな感じでお天気良好だった



f0130693_
f0130693_9311614.jpg
f0130693_9313112.jpgf0130693_14265522.jpg
by endopiano | 2008-02-26 09:36 | 旅 海外 | Comments(0)

IN-N-OUT BURGER インアウトバーガー


美味しいものは何でも好き。
ファーストフードも大好きです。
アメリカに行ったらやっぱりハンバーガーでしょう!

・・・という事で

今回アメリカに行ったら食べたかったお店のひとつです。

念願叶って行く事が出来ました!!

ファーストフードなのに、手作り感覚のハンバーガーで、
しかも2$しないんです。
1ドル60?70位でした。

メニューはハンバーガーとチーズバーガーでいたってシンプル。
(隠れメニューでダブルダブル、なんてものあるらしい)

冷凍パテは使っていないのでお肉も美味しく、
野菜もたっぷり!シャキシャキレタスと分厚いトマトです。
ポテトもその場で切って揚げているんですよ〜。

義弟夫婦宅の近くにもあるのですが、未だ食べていないと
言うので思いっきり勧めてしまいました。
お店のインテリアも可愛い♪

FATBURGERも食べたかったのだけど、今回は行くチャンスが
なかったので次回に持ち越し。。。です。

ちなみにどこで入ったかというとアリゾナ州キングマンという
町のお店です☆

こちらの町の様子は又今度ご紹介しまうす!!

f0130693_22164465.jpg
f0130693_2217424.jpg

by endopiano | 2008-02-23 22:21 | 美味しいもの | Comments(0)

バグダッド・カフェ@ニューベリースプリングス sanpo



映画『バグダッド・カフェ』の舞台となったカフェです。

映画のロケ地からは移動されて、
カリフォルニア州ニューベリー・スプリングスに
あります。
オーナーも何代か変わっているみたいですが、
せっかくカリフォルニア州に行くのだからと、
どうしても行ってみたかった、このカフェ。

ショショーン(Shoshone)という町でランチを食べ終わったのが
3時半過ぎ。
なんとか日の暮れないうちに着こうと頑張りました!!

I-15でバーストゥまで行き、I-40に乗り換え
ニューベリースプリングスへ。
I-40を下りて66号に出て20分ほど走ると
左側にありました。

本当に映画のまんま!!
看板もモーテルも(営業はしていませんでしたが)!!

一緒に同行していた義母&おばさんはどうして
何時間もかけてまちはずれの、ド田舎の(失礼!)こんなカフェに
来たがったのか、不思議なようでしたが
(今度映画見せるからね〜〜)

なかなか素敵なカフェなのとカフェのワンコ(だと思う、多分)が
人なつこくお出迎えしてくれたので楽しんでいたご様子。

とにかく寒いので中に入ると、あれ??少し映画とちがう??
中は映画とちがっていましたが
映画のファンの方のメッセージが沢山飾られていて、
サイン帳なるものもありました。

見ると一日に一人は日本人の書き込みがあります。
けっこう来てるんだなぁ〜〜皆。なんて嬉しくなったりして。
もちろん、私も書き込んできましたよ♪

私たちが飲んでいる間に「コーリング・ユー」を
かけてくれたり、サービス満点。

ちゃんとピアノもあったですよ〜。




f0130693_15351756.jpg
f0130693_1535282.jpg
f0130693_15354017.jpg
by endopiano | 2008-02-22 15:36 | 旅 海外 | Comments(0)

デスバレーへ その5


さて、ゴーストタウン散歩の後デスバレーに戻り、
ゴールデンキャニオンで少しトレッキング気分を味わい、
目指すはアーティストパレットへ!!

アーティストパレットとは良く言ったもので
赤、青、黄、紫、が岩にさーっと塗ったように広がっています。
ミネラル分の違いでこうなったような気がするけれど、
他の岩山には見当たらなくて、ここにしかないんですよねー。

まるで地球じゃないみたい。

確かデスバレーって「スター・ウォーズ」のロケ地にも
使われていたっけ。

そしてここに行って帰るまでのアーティスト・ドライブも
スリル満点です!
岸壁が迫り、アップダウンの激しい道を走るのですが、

この時の運転は私。

何度も路肩に寄り過ぎ助手席側の夫が叫び声をあげてました。
そんなに怖かったかなぁ〜〜??

岩面がきれいでついつい見とれてしまうので寄ってしまうんですよね。

それからデビルズ・ゴルフコース、バッド・ウォーターを見学。

デビルス・ゴルフコースは塩と泥が混じり合って隆起しているなんとも
不思議な光景です。
何故デビルス・ゴルフコースかというと、
こんな所でゴルフできるのはデビル(悪魔)しかいないということ
らしいです。

ここでアメリカ人のご年配カップルに出会ったのですが、
おじさまが「写真撮って〜」と言うので「はいよ〜」と
言ったら、車からいそいそとゴルフクラブを出して来て・・・。

ゴルフクラブを構えてハイ、ポーズ!

なんてユーモアがあるんだろう〜〜。

その後、おじさまが「君もこれ使って写真撮ってもいいよ〜」
と貸してくれたのでした☆

デビルスゴルフコースを南に走るとあるのは塩の平原の
バッド・ウォーター。
ここは海抜マイナス85.5。世界で最も暑い場所の一つです、
そして、西半球の最低地点です。
ここの塩、舐めてみると意外に美味しい。
ミネラル分たっぷりの深い味でした。

他にも見所はあったけれど、今日中に家(ラスベガス)に帰る予定だし、
お昼ご飯も食べていないし、次の野望があったので
デスバレーとはここでお別れする事に。

しかし、広いデスバレー、走っても走ってもなかなか出れなくて
2時間ほど走って隣町のショショーン(Shoshone)という町で
やっとお昼ご飯にありつけたのでありました。







f0130693_14305522.jpg
f0130693_1431729.jpg
f0130693_1431251.jpg
by endopiano | 2008-02-22 14:36 | 旅 海外 | Comments(0)

風邪か花粉か?!


先週の土曜日あたりからなんだか体の調子がおかしく
日曜日からは完全にのどの痛み、鼻水、頭重感、
悪寒が出てきました。

これだけ症状が出ていて体はつらいのに熱はなし。

くしゃみもすごいし、もしかして・・・・

風邪ではなく、「花粉症」??

ついにデビューですか?!

でも咳も出てきたし・・・やっぱり風邪かなぁ?と
釈然としない気分です。

そんな中2件の教室見学があり、来週から新しくレッスンを
始めるお友達が増えました。

えんどうピアノ教室の空き時間は

月曜日/午前中〜2時半
火曜日/午前中〜2時半、6時、7時
土曜日/(隔週の生徒さんのみ)若干

となっております。

個人レッスンだけでなく、小さなお子様は
お友達同士での「プレ・ピアノコース」も
(ピアノを始める前に・・・リズム遊びや
歌を交えて音楽を楽しみつつ、自然にピアノレッスンに
入れるよう指導致します)
ありますので、是非お問い合わせ下さい。
2〜3名でのレッスンですのでアットホームな
雰囲気です。

もちろん、大人の生徒さんも大歓迎です。
シニアの方も大歓迎です。
by endopiano | 2008-02-20 09:29 | ピアノレッスン | Comments(0)

デスバレーへ その4



寄り道、寄り道。

「Rhyolite Goast town」

リヨライト? ライオライト?
ゴーストタウンです。

1905〜1910年に金鉱山のブームでにぎわった街だそうです。
鉄道も通ってました。
銀行もありました。
刑務所もありました。

乾いた空気に、青空に。

時が止まってましたねー。

静か。





f0130693_23113479.jpg
f0130693_23115013.jpg
f0130693_2312516.jpg
by endopiano | 2008-02-17 23:12 | 旅 海外 | Comments(2)

デスバレーへ その3


デスバレーに戻る道。

こんな道を通ってきたのねー。

まっくらだったから全然わからなかった!!

どこまでも続く道。

アメリカを旅していると珍しくもなくなって
くる風景ですが、日本に帰って来ると
また通ってみたいと思ってしまうのです。
f0130693_22573923.jpg

by endopiano | 2008-02-17 22:57 | 旅 海外 | Comments(0)

デスバレーへ その2


ドライブを続けて夕暮れ近くに到着した
ザブリスキー・ポイント。
目の前を金色の山肌が連なります。昔、海底に泥が堆積し、
それが大陸の隆起によってできた金色の山肌です。

日が暮れるまでの数十分、地球とは思えない美しく、
静かな時を堪能しました。

夕暮れ過ぎて日が落ちるとモーテル探しです。
デスバレー内のモーテルにしようと部屋を見せて
もらいましたが、値段と部屋が折り合わないような気が
したので真っ暗な中374号で隣町のビーティ(Beatty)まで
行く事に。

ここで感動したのが星の数です!
見た事もない、文字通り降って来るような星空でした。
写真に撮れなかったのが残念。
余りのきれいさに何度も車を止めて空を見上げました。

ナピを頼りに(本当にナビを借りていて良かった!
安心さが違います)行く事40分でビーティに到着。

「EXCHANGE CLUB MOTEL」というモーテルが
そこそこにきれいで義母達が泊まっても大丈夫そう
だったので泊まる事に。ツインで57$なり。
朝食がなく、コーヒーだけだったのが残念だったけれど
デスバレー内のモーテルの半額なのでまぁ良かったかな。

夕食は近くにカジノホテルにて。
どうしてもパスタが食べたくなってミートソースを
頼んだけれど、やはり、ブヨブヨパスタでした(;^_^
その他オーダーしたサーモンフィレ、ツナメルドサンド、
ステーキ、チリビーンズは美味しかったです♡

翌朝8時半にチェックアウトし、またデスバレーに戻りました。

時間がなかったのでビーティ散策出来なかったのが残念。
小さな町だけれど又来たいな。

f0130693_22423254.jpg
f0130693_22424684.jpg
f0130693_2244449.jpg
by endopiano | 2008-02-17 22:45 | 旅 海外 | Comments(0)

東京都清瀬市のピアノ教室です。皆で音楽を楽しみましょう♪☆ステージ・発表会写真などの撮影業務はこちらです→http://www.endopiano.com/ オンフォトブログ http://ongakups.exblog.jp


by endopiano
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る