人気ブログランキング |

タグ:ピアノ ( 377 ) タグの人気記事

楽譜がない・・・



時期が遅すぎるのは重々承知の上ですが
突然決まった生徒のPTNAコンペの参加。

課題曲の楽譜を買いにYAMAHAに行った所
近・現代曲の課題曲3曲のうち1曲しか在庫がなく
版元でも品切れで注文してもだめだそうで(泣)。。。

残っていた曲は幸い私の候補曲。
ただこの曲を持ってくると組み合わせの問題で難しい。

予選なので本選に華々しいロマン曲を残しておきたい反面
準備期間が一ヶ月半と短いので本選は視野に入れず、本人の弾きたい曲を
思いっきり弾かせてあげたい気もする。

メリハリの聞いた組み合わせにするなら、バロックが良いだろうな。
本人の慣れている曲はレッスンでも弾いている古典。
本人の弾きたい曲は(多分)ロマン。


ロマンは表現は問題ないと思うけれど、表現に行きつくまでの
テンポ、暗譜まで間に合うだろうか。

今日一日は楽譜とにらめっこになりそうです。

といっても、本人の意向を聞かなければお話しにならないんですけどね。

皆魅力のある曲、弾いてもらいたい曲だけに難しいなぁ。



*黄色いバラはグラハムトーマス。これで一段落咲き終わりました。
 あとはボチボチ2番花のつぼみができかかっていますが
取りあえず、うちのバラの季節は終わりです。
f0130693_1030336.jpg

by endopiano | 2007-06-07 10:34 | ピアノレッスン | Comments(0)

決まりました



来年の発表会の会場が取れました。

「キラリ☆ふじみの」ホールです。
都内ではありませんが、素敵なホールです。
東上線利用ですが、駐車場もあるようですので
清瀬からなら車の方が便利かもしれません。

まだ一年先の事なので詳細が決まりましたら
お知らせ致します。

会場の事はこれで一安心。
後は内容ね、他の先生方と打ち合わせしつつ
じっくり決めていきたいと思います♪
f0130693_1115229.jpg
f0130693_1142012.jpg
by endopiano | 2007-06-01 11:02 | ピアノレッスン | Comments(0)

会場選び



今朝、いつも合同で発表会を行っている友人から
電話がありました。

用件は「来年の発表会開催ホールについて」。

おぉ、去年の暮れに発表会が終わったと思ったら、
もうそんな時期なのね、月日が経つのは速いなぁ〜。

・・・というか、
発表会のホールは一年前、遅くとも半年前には
決めなくてはいけないのよね。

うちのピアノ発表会はご一緒する友人先生達が東京を中心とした
東西南北に散らばっているので
いつもは集まりやすい、新宿のホールを利用していました。
新宿区は半年前だったのでゆっくり準備できていたのです。

ところが!!!

今年から抽選が以前より増して取りづらいシステムに変更されたらしい(泣)!
新宿区民でも会場を取るのは至難の業になったみたい。

なので他のホールをいくつか探さなくてはいけないのだけど、
これがなかなか難しい。

豊島区が立地的に理想。
だけど施設の老朽化が激しいし・・・。
新しいばかりが良い訳ではないけれど、それなりの新しい方が
ピアノも、音響も、居心地も良いのは事実。
池袋の豊島区民センターか、豊島公会堂のリニューアル、してくれないかなぁ〜〜。
芸術劇場はあるけれど・・・・ちょっと敷居が高い気がするし。

先日大泉学園のゆめりあホールに行く用事がありましたが
なかなか良いホールです。

個人的に好きなのは所沢ミューズ。
台東区のミレニアム・ホールも良かったなぁ。

行った事はないけれど気になるのは和光市サンアゼリアホール。
ここはヴェーゼンドルファー、スタンウェイ、ヤマハとピアノが豊富なのです。

都内からは離れているけれど東上線のみずほ台にある
きらり☆ふじみのホールもスタンウェイだし新しいホールみたい。


ホール選びは難しいけれど楽しい♪
ホールが決まると発表会に向けてモチベーションが上がるんですよねぇ。

早ければ来週にも決まるはず。
決まったらまたお知らせ致しまうす。


*写真はカップ咲きが可愛い
 ポリアンサ・ローズ。さんご色と花びらの質感が
 アンティークぽくてgood。


f0130693_10525826.jpg

by endopiano | 2007-05-29 10:58 | ピアノレッスン | Comments(0)

保育科受験@超特急



 出張先の教室に新しく入った生徒さんは高校3年の受験生。

通っている高校の付属の大学の保育科受験希望ということでレッスンを始めました。
昔少しだけピアノを習っていたけれど、すぐ止めてしまったため
何も覚えていません、とのこと。

保育科卒業までにバイエル100番程度というのが今までの生徒さんの
ケースでは多かったのですが、2回目のレッスンで彼女と話しているうちに
わかった事が

・ 付属の大学では入学試験の際にバイエル100番程度、何曲の指定曲のうち
  受験日に一曲指定。

しかもその受験日が今年の7月らしい!!


え、えぇーーー!!!

受験日まで2ヶ月しかないじゃないの〜〜!


これは呑気に「ド、ド、ド、ウン♪」なんてやってる場合じゃありません。

幸い高校生くらいになると、ざっと音の読み方を教えて音符の長さを
教えるとすぐ音符が読めるようになるので
バイエルの上巻程度まではすぐに(完璧にきれいに弾けるとかのレベルではなく)
弾けるようになる。

問題は両手が違う動きをするようになってくる上巻最後の方と
下巻から。

こればかりは週一回のレッスンでなんとかなるのかわからない。
30分レッスンではとても足りないので60分レッスンになりましたが、
教室のレッスンだけではとても足りない、
生徒さんの毎日の練習、頑張り次第ということになるでしょう。



「覚悟しています!!」と心強い意気込みで通う彼女に
答えてあげたい。


幸い勘がいい子なので超特急レッスンでどこまで伸びるか
楽しみでもあるこれからです。





f0130693_11554552.jpg

by endopiano | 2007-04-26 11:56 | ピアノレッスン | Comments(0)

教室潜入!その2



「これはなに?」


ハイなんだと思いますか?


A カベ
B 玉子パック


両方正解〜!!


これはですね、防音と響き防止の為に壁に貼付けました
ダンボール製の業務用玉子パックです。

片側だけについているのは壁全面だとコワいから。
それに吸音が結構しっかりしているので音が響かなくなってしまうから・・・・。

貧乏チックだけれど、ヨーロッパの先生のお宅もこうやっているし
(もっときれいに配列されています)
ロシアなどのレコーディングスタジオでも昔は使っていたらしい・・・です。
(義父に聞いた話しなのでどうかと思ったのですが。でも↑の先生の話を聞いて、
真偽製が高まりました♪)


初めての生徒さんが教室に入った瞬間、
必ず目が釘付けになる壁のお話でした。
f0130693_034567.jpg

by endopiano | 2007-04-24 00:34 | Comments(0)

教室潜入!その1



「えんどうピアノ教室」は建物の2階にあります。

使っているのはKAWAIのグランドピアノです。
YAHAMAのものより少し鍵盤が重めです。

KAWAIの中でも重いようですが、指の訓練には良いらしく(?)
友人達が舞台の前には弾きに来る事多し。
(これで練習するとどのホールのピアノも軽く指が廻るそうです)

小さい子だと大変そうですが、きちんと打鍵できると良い響きの音がなるので
「きれいな音」と嬉しそう。
大人の生徒さんだともっとよくわかるみたいです。

とはいっても特別なピアノではありませんが、電子ピアノの多い時代ですから
アコースティックのピアノの響きは新鮮なのでしょうね。
チラっと写っている電子ピアノはYAMAHAのクラヴィノーバ。

主に私がサブとして使っていますが、レッスン時間より早く来てしまった場合は
イヤホンを付けて練習して待つ事もできます。



最後に・・・・
2点のポスターがありますが、
小さいなお子さんには怖いかな?
(今聞かれた&泣かれた事はありませんが・・・)

これは従兄弟にもらったもので、
従兄弟が○十年前にイタリアを旅した時に
手に入れたもの。
特に右のヴェネチアのカーニバルのポスターは今となっては
あまり手に入らないのではないでしょうか。
何故か気に入ってしまって譲ってもらいました。

他に本棚には趣味の漫画や本、楽譜などがあり、小さな机と
長椅子があります。

ピアノの上にはなぜか蓄音機があったりして・・・。
狭いながらも楽しい我が家、もといピアノ室になっております♪



f0130693_0264972.jpg

by endopiano | 2007-04-24 00:27 | Comments(0)

ピアニストその人生 /園田高弘



読み終わりました。

日本を代表するピアニスト、故・園田高弘氏の自伝です。

園田氏のピアノを聴いたのは残念ながらTVとレコードだけ。
70才記念コンサートの映像を見て今だ現役ばりばりの
演奏に度肝を抜かれたピアニストです。
この本を読みお終わり、改めてコンサートに行ってみたかったと
残念でなりません。


「楽譜を見ればピアノは弾ける。
しかし、その背後にある文化を知る情熱なしに、何が表現できるだろうか?」

名言です。

幼い頃からの英才教育、才能、良い縁、とピアニストになるべく条件は
すべて持っていた園田氏ですが、
何よりもピアノへの情熱、おごらない努力、柔軟にして強靭な思考力・行動力が
素晴らしい。

本を読むと学生の頃大好きだったサンソン・フランソワや
NHKでおなじみアントルモン先生など
そうそうたるメンバーと一緒に勉強していた事がわかり、
ミーハー心にも火がつきました(笑)。

そしてカラヤンとベームの事も書かれており、私はベーム派だったので
(中学生の頃、「カラヤンなんて!絶対ベームの方が良い」などど息巻いていたのですが)
書かれていたエピソードも大変興味深かったです。

しかし、この時代って天才達が集まっていたんだなぁ。
今だって天才はいるけれどスケールが違うような
気がする〜。










f0130693_10342180.jpg

by endopiano | 2007-04-14 10:34 | ピアノレッスン | Comments(0)

4月も半ば





ピカピカの一年生や、学年が上がってクラブや委員会が始まる子、
新社会人となり、保育士として働き始めた生徒さんなど
それぞれの新学期が始まったようです。

出張先でも保育士希望の生徒さんが新しく入ったり、
私も新鮮な気持ちで4月をスタートしました。

清瀬のえんどうピアノ教室はまだ若干の空きがあります。
5月、6月生も引き続き募集しておりますので
お気軽にお問い合わせ下さい♪
by endopiano | 2007-04-10 17:36 | ピアノレッスン | Comments(0)

最年少!!



出張先の教室に新しい生徒さんが入りました。

生徒さん・・・というより生徒ちゃん??

なんと2才8ヶ月の男の子!!

大柄な子なので約3才と考えれば3才なのですが
改めて数字にしてみると「おぉっ!」ですね〜。

グループ以外で3歳児を教えた事がない私。

お母様も「ピアノを弾く」より音楽を楽しむ感じで良い、との事でしたので
やはりプレ・ピアノコースと同じテキストで進める事にしよう。

最初はクラシックピアノと全然違う趣だけれど、長く続いていって
ピアノが弾けるようになるといいなぁ〜。

男の子がピアノを弾けるってステキですものね!
それに作曲家だって有名音楽家だって男性が多いわけですし。

まずは小さな一歩から。。。
by endopiano | 2007-03-28 19:55 | ピアノレッスン | Comments(0)

銀座のヤマハ


いつもはヤマハ池袋店を懇意にしていますが、銀座方面に出かける用事が
あったので、今日は銀座店で楽譜を購入しました。

新しく入る生徒さん用の楽譜と大人の生徒さん用の
楽譜、あとはテクニックの楽譜を数冊選びました。

面白そう、と思ったのは

WAKU WAKU ピアノテクニック (ヤマハ)

http://www.ymm.co.jp/products2/detail.php?code=GTP01080191

バーナムよりも絵が子供に分かりやすそうで、かわいい!
これなら練習曲嫌いの生徒さんも楽しんで指の練習が出来そうです。



買い物をして道を歩いていると、一足早く桜が咲いていました。
もう5分咲きくらい咲いている?
ソメイヨシノではなさそうですが、なんだか得した気分♪
f0130693_2034049.jpg

by endopiano | 2007-03-23 20:34 | ピアノレッスン | Comments(2)

東京都清瀬市のピアノ教室です。皆で音楽を楽しみましょう♪☆ステージ・発表会写真などの撮影業務はこちらです→http://www.endopiano.com/ オンフォトブログ http://ongakups.exblog.jp


by endopiano
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る